« 23文字綴りコーナー④ | トップページ | ちょっと休憩(5回目) »

第4回 漢語橋 高校生中国語スピーチコンテスト世界大会参観TOUR

2011/10/24 北京へ移動、万里長城に行ったぞ!

それは6月のある日の電話から始まりました。中華同文学校の老師から中国語スピーチコンテストに参加しないかという内容で、すったもんだしたあげく参加が決まり、立命館大学孔子学院で行われた予選でみごと日本代表に選ばれてから、話はとんとん拍子で進み、今回のTOURの実施となりました。 

10月24日の月曜日、いつもならちょうど出勤時間の6:30に家を出て会社の横を通って関空へ向かいました。1週間の旅行なんて、サラリーマン生活を始めてから初めてのことです。仕事で海外出張は数十回行っていますが、考えると海外旅行もほぼ初めてなので、時間の使い方のへたなぼくは楽しめるかどうか自信がありませんが、まずは行ってみよう!

RIMG0005

飛行機は9:30に予定通り関空を飛び立ち、予定通り13:30に北京国際空港に到着しました。事前に空港からホテルへの送迎と観光ガイドを中国旅行達人にお願いしていたので、出口で「森田先生」のプラカードを見つけ、スーツケースを預けました。

RIMG0007

とても笑顔の感じの良い「呂さん」がドライバーとして迎えに来てくれましたが、いったんホテルに入っていると時間が中途半端になると思ったので、そのまま万里長城へ行って欲しいと伝えて、ハンドルを切ってもらいました。

PA240006

天気も良く、フライトはとても順調だったのですが、お昼ご飯を食べていなかったので手真似でお腹が空いたことを伝え、空港近くのレストラン「北京空港金林食府」に入ってもらいました。小さな豚まんが15元、焼きそばが15元、青椒肉絲が22元で、お茶を頼んだりして全部で59元で710円くらいの食事でした。しょう油の味が日本と違っていましたが、まずまずの味だったので、さい先が良いのではと期待しながらあらためて万里長城に向かいました。

RIMG0008

つきました、あこがれの万里長城!北京空港から高速を含めて2時間近く走ってやっと到着しました。蒙古からの襲撃を防ぐためなので、市の郊外にあることは当然なんですが、たどり着くには遠かったですね。さらに当たり前ですが、山の上なので、ひぃひぃ言いながら急な坂を上ってロープウェイにたどり着きましたが、あがる前から固く心に誓っていました・・・もう二度と来ないでおこうと・・。

PA240011

遠景写真は、上ったところにあるやぐらの次のやぐら部分を写したところで、実はここでは結婚写真の撮影が行われていました。深紅の派手なドレスを着た新郎が長城から身を乗り出すようなポーズを決めているところですが、小さくて見えないですよね。他にももう一組結婚写真を撮影していて、どうやらここはそういう場所のようですね。

PA240019

万里長城と言っても、昔の長城がすべて残っているわけではないようで、観光スポットとしていくつかの場所が有名なようで、ここは慕田峪長城(ボウデンヨク)という場所です。

PA240020

慕田峪長城周辺の見取り図です。入口の壁に大きく書かれていました。

PA240012

みよ、この勾配!!蒙古からの襲撃を防ぐ前に、そもそも歩いてここにたどり着けないです。

RIMG0011 長城の帰りに見かけた、どこかで見た感じのサインを掲げているコンビニ店。「便利店」というのは、まさしくコンビニだなぁと感心しました。

PA240035

ホテルは日本のニューオータニの系列でのホテル ニューオータニ 長富宮に泊まりました。以前に仕事で泊まったことがあるので、何となくなじんでいたのが理由なのですが、ロビーで中国の伝統曲の演奏があったりして、まるで中国にいる気分でした!?

PA240028

ホテルの前の雰囲気。北京駅から2kmほど離れている街のど真ん中です。歩道に車を止め放題で、少し雑然としている感じですね。

PA240031

ホテルの外観、といってもほとんど見えないかな。メガサイズではないけど、30階建てくらいで、そこそこ大きなホテルでした。

2011/10/25 北京市内観光 故宮博物院に行ったぞ!

PA250041

25日の朝、北京は22℃でとても過ごしやすかったです。ホテルの前で記念写真を1枚。天気は快晴で、霞みもなく、最高の旅行日和でした。さぁ、いくぞ~!

PA250043

ホテルのロビーで通訳ガイドの鐘さんと合流、バスで10分くらいの天安門広場へ向かいました。バス料金はどこまで乗っても一人1元→8円くらいで、激安!

PA250044

ちょっと怖そうな北京市公認ツアーガイドの鐘さん。これは写真写りが悪くて、ほんとうは笑顔のかわいらしい、とても親切なおっちゃんでした。東大阪に2年ほど住んでいたと言うことで日本語もぺらぺら。旅の印象を大きく左右するガイドですが、今回はいい人に当たりました。

PA250045

広場のど真ん中には「公安」の車が何台もいて、公安職員がそこら中をうろつき廻っていました。実は、天安門広場に入るところで空港のような荷物チェックがあったのでナイフみたいな危険なものを持ち込ませないようにしているんだろうと思っていたのですが、実際に厳しくチェックしているのは「紙」だということを聞いてびっくりしました。紙、つまり書類やビラを広場で配る行為に当局が神経質になっているそうで、ガイドの鐘さんが持っていたスケジュール表など、ほんの10数枚のコピー用紙もチェックに引っかかって公認ガイド証を見せないと持ち込めないくらいの徹底ぶり。なるほどね~、ととても納得。

PA250050

故宮の入口。平日なのにすごい人、人、人、人!13億人の実力を思い知らされた気分ですが、 よく見ると1割以上は外国人でした。たくさんのガイドさんがポータブル拡声器を持って案内をしているのでとんでもなくうるさかったです。

42

紫禁城(故宮)は明の永楽帝が15年の歳月と数十万人の労働力を動員して1420年に完成させた皇帝の居城。大きさは南北960m、東西760m。この中に9000近くの部屋があり、明の時代には9000人の宮女、宦官 10万人がいたといわれます。

PA250052

西太后の座っていた椅子。ラストエンペラーの映画を思い出しました。

PA250060

広い博物院内は撮影自由!ここは故宮ツアーのコースには入っていないのか、人がとても少なくてゆっくりとできました。いっぱい写真を撮りました。

PA250071

こんな時計が数え切れないほど展示されていました。関西国際文化センターで開催された故宮博物院展で6台ほど観て、こんな国宝級のすごいものをよく貸し出してくれたなと思っていましたが、こんなにたくさんあるんだからもっと貸してくれたら良かったのにとぶつぶついいながら観賞。

PA250076

乾隆帝の屋敷の入り口。九匹の龍は皇帝にのみ許されるはずだけど、乾隆帝だけは引退後も堂々と使用していたそうで権勢が伺われます。

PA250079

乾隆帝の玉座の天井。真ん中にあるのは龍が持つ水晶の球で、この下でしゃべる人がうそをついたらこれが落っこちてくるそうです。ぼくはもちろんなにもしゃべらずにそそくさと次の部屋に移動しました。

PA250081

乾隆帝の屋敷の一角にあった「舞台」。2階建ての大きな舞台なのに、前に観客席がないので不思議に思って鐘さんに聞いたら、向いにある建物の奥に大きな椅子が一つあり、それを指して「観客は乾隆帝一人だからです」だって。すげぇ~^_^;

RIMG0012

紫禁城のすぐ裏にある景山公園。紫禁城を作ったとき元の宮殿であった延春閣の跡地に人工的に作った高さ43mの山です。紫禁城に北からの殺気が入ることを防ぐために、紫禁城の真北に作られたと言われていて、これは背山面水という風水の考え方を実現したとのこと。山を作るなんて中国の人はホントにすごいです。

PA250090

万里長城に続いて、またひぃひぃ言いながら登りました。紫禁城を裏の景山公園から見た写真。皇帝を見下ろしている気分

PA250091

「あっちが北京駅」と鐘さん。

RIMG0014

2時過ぎに大三元酒家という中華料理屋さんでかなり遅い昼食を取りました。かなり高級なお店だったのですが、かなりおいしくなかったので、かなりの確率で二度と行かないと思います。

PA250099

北京の銀座と呼ばれる王府井(ワンフーチン)でお買い物。ぼくは歩きすぎてグロッキー気味だったので、かみさんとガイドが買い物をしている間、歩道でへたり込んでいました。

RIMG0019

いきなりですが、北京の雑伎団劇場に行ったときの写真。ここも写真が取り放題で、周りはほぼ外国人ばっかりでした。

PA250105

なんともすごい、絶妙なバランス感覚です。

PA250110

このまま階段を降りて、また上まであがりました。すごいの一言です。下の男の子は北京オリンピックの体操金メダリストだそうです。

PA250121

フィナーレ。この夏、台風の日にダイハツ クーザを見に行きましたが、間違いなくクーザよりすごかったです。これで200元→1600円。クーザは13000円、金返せ~!

PA250125

ホテルに戻るのに、タクシーが捕まらないのとバス停が少し遠かったので、オート三輪の変なのに乗りましたが、運転手が道を知らないので少しトラブルになりかけました。じゃぁ、ここで降りるから金返せ!と怒鳴るとしぶしぶもうすこし走って見覚えのあるところに来たので、止めろ止めろといって降りました。大きなトラブルになって、仲間を呼ばれたりしたら少し危なかったかな。そんなことがあっても、この日も中華料理をおいしくいただきました。

2011/10/26 いよいよ重慶に移動。初めて火鍋を食べる!

RIMG0002

この日の北京はうすぐもりで霞がかかっていました。13:30の飛行機なので11:00にホテルを出発。空港まではタクシーで30分ほどで無事到着。

PA260004

北京国際空港。大きい!!!広い!!!!

PA260005

飛行機がタキシングを終わって、滑走路に入る手前で何があったのか45分ほど停止したままで動かなくなり、その間に寝てしまったくらいです。それからは2時間のフライトはとても順調で、無事重慶江北国際空港に到着。約1600km離れているから、神戸からだと沖縄を通り越して、ほぼ台湾に行く距離です。北京より、あきらかに暖かいなと感じます。中国は広いな~。

PA260009

重慶は僕たちを雨で迎えてくれました。坂道と高層マンションが建ち並ぶ姿は、なんとなく神戸市西区のイメージ。到着が5時前になってしまったので、街は薄暗くなり始めています。

PA260011

ぼくには中国での運転は絶対にできません。信号は基本的に関係ないので、道路の横断は完全に事故責任となります。2車線以上の道路は、横断歩道があっても素人には渡れませんぞ。路線バスまで横断歩道に突っ込んできますからね。おぉ、怖い!

PA260016

ホテルは重慶解放碑盛捷服務公寓というところで、英語名がSomerset Jiefangbei Chongqing、日本語読みだとサマセット ジィファンベイ 重慶です。マンションタイプのホテルで、とてもリラックスできました。キッチンには食器やシルバーまで備え付けで、長期滞在にはうってつけですね。これで 1泊5000円はとても安く感じましたが、地元の人が泊まるホテルだと400円や500円という所もありましたので、高級な部類だと思います。

⑳用務員室:用務員がさぼる部屋、乱入歓迎!

|
|

« 23文字綴りコーナー④ | トップページ | ちょっと休憩(5回目) »

⑳用務員室:用務員がさぼる部屋、乱入歓迎!

」カテゴリの記事

コメント

頑張って旅行記を書こうと思っているんだけど、ぜんぜん時間が取れません。そりゃ、1週間も仕事してないんだからたまっているよね~。
初日の、それもやっと関空に向かうところまでしか書けていませんが、自分にプレッシャーを与える意味もこめて記事をUPしました。徐々に書き足していこうと思います。

投稿: 森田@用務員 | 2011/11/05 17:57

旅の話、久しぶりです。

フォトストーリー同好会が、お待ちしておりました。

ご覧ください。   クリック

ご夫婦ともに、お元気そうな笑顔、何よりです。

投稿: 半澤@4組 | 2011/11/08 10:51

半澤殿、いや、これは申し訳ないです&ありがとう&ありがとう。
公私ともにやたら忙しくて、この旅行記を×のがいつになるかわからないくらいなので、少しずつでも書いていこうと思ってぼちぼちと始めています。なんとか今月中をめどに作り込みたいと思っていますので、なま暖かい眼で観ていて下さい。
写真は、整理されていないけどここにきれいなのがあります。いや、ストーリを作ってくれという意味では決してありませんので誤解なさらずにm(..)mペコリ

ウェブアルバム

投稿: 森田@用務員 | 2011/11/08 11:18

ふぅ、やっと重慶に着きましたが、まだ火鍋にありつくところまで書けていませんね。あわててお土産を買って大騒ぎをしたのですが、そんな話を書けるのはいつ頃になるかな?^_^;

投稿: 森田@用務員 | 2011/11/09 00:10

フォトストーリーの公開アップは、終了しました。

投稿: | 2011/11/14 10:13

ありがとうございました>半澤殿

ぼくもまだ音楽を入れてストーリーを作ると言うことまではできていませんので、楽しく拝見させていただきました。

中国の知人にyoutubeで見せて上げようと思ったのですが、中国からはアクセスできないように接続が切られているそうです。こんなところに統治を感じさせられますね。

投稿: 森田@用務員 | 2011/11/14 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 23文字綴りコーナー④ | トップページ | ちょっと休憩(5回目) »